マゾ向け電波時計 部品表

kikyou.info»電子工作»マゾ向け電波時計»マゾ向け電波時計 部品表

本体基板

ページ先頭へ

U6 3.3Vレギュレータ 電波受信モジュール用電圧の生成。http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-02252/ ←これはダメです。http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-00432/ ← これもだめです。 http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-02502/ これか http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-00534/ これか http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-00538/ です。お間違いのないよう
Q4 汎用NPNトランジスタ 圧電スピーカ駆動用。2SC1815、2SC945など。http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-02231/ とか http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-02611/ とか http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-00881/ とか
U1とU2のソケット 40ピンICソケット http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-00015/ とか http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-00034/ とか。http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-00329/ ←これは足が太くて入りません。ダメです。
U4とU5のソケット 18ピンICソケット http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-00030/ とか http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-00008/ とか
U3のソケット 3ピン一列ソケット http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-00674/ とか http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-00241/ これをニッパーで切って使います。
C1,C2,C3,C4,C6,C14 0.1uF積層セラミックコンデンサ http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-00090/ http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-02211/ ←これでもいいですが足ピッチが違うので基板に入りづらいです
D32,D33,D34,D35,D36,D37,D38 小信号用スイッチングダイオード 1S1588や1N4148相当品でOK http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-00941/ とか。 http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-03015/ でもいいです
D30とD31 SBD http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-01062/ とか http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-00127/ とか http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-01707/ とか http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-01370/ など。付属のJDMプログラマでPICに書き込む予定の場合は普通の小信号用スイッチングダイオードでOKです。
LED(ドットマトリクス用) 640個 3mm LED 大体なんでも大丈夫です。赤が見やすいかもしれません。できれば高輝度/超高輝度タイプで。一個あたり1〜2円でバルクで売ってるものでOK
D15,D16 3mm LED ステータスLEDとパイロットLEDです。色を変えてもおもしろいかもしれません。
R1〜R40 120Ω 炭素皮膜抵抗 1/4〜1/8W LED桁用電流制限用抵抗
R41,42 39K 炭素皮膜抵抗 1/4〜1/8W PICの/MCLRプルアップ用抵抗
R43 10K 炭素皮膜抵抗 1/4〜1/8W タクトスイッチのコモンのプルダウン用抵抗
R44,45 1k〜3.2K 炭素皮膜抵抗 1/4〜1/8W D15とD16の電流制限用抵抗。D15とD16に取り付けるLEDの性能によります。分からなければ2.2kぐらいにしておいてください
R46 2.2K 炭素皮膜抵抗 1/4〜1/8W CdSプルアップ用抵抗
R48 5.6K 炭素皮膜抵抗 1/4〜1/8W 5V→3.3Vレベルコンバータ用抵抗。すぐ近くにボタンがあるので、1/8Wのような小さめの抵抗をおすすめします。
R49 10K 炭素皮膜抵抗 1/4〜1/8W 5V→3.3Vレベルコンバータ用抵抗。すぐ近くにボタンがあるので、1/8Wのような小さめの抵抗をおすすめします。
R56 22K 炭素皮膜抵抗 1/4〜1/8W TCO入力用プルダウン抵抗
R65,66 1K 炭素皮膜抵抗 1/4〜1/8W 圧電スピーカ駆動用トランジスタ用電流制限/プルアップ抵抗
S1〜4, S6,S7 タクトスイッチ http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-01282/ とか。よくある4ピンまたは5ピン(アース付き)のタクトスイッチならば取り付けることができます。さすがに100個もいらないという人は千石やマルツや鈴商でも買えます。 たとえばマルツ https://www.marutsu.co.jp/user/shohin.php?p=3067
CONN1, CONN2, J3, J4 ピンヘッダ http://akizukidenshi.com/catalog/g/gC-00167/ これをニッパーで切って使います。ジャンパは http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-02622/ いやさすがにこんなにいらないですよねえ。壊れたHDDやマザーボードにくっついてませんか?「自作パソコン」のパーツ屋さんとかでもうってたりしますので、適当に調達してください。マルツだとhttps://www.marutsu.co.jp/user/shohin.php?p=60512などいろいろ。
SPK1 圧電スピーカ 音が鳴ってほしい人のみ。Φ13mmぐらい、足ピッチ200mil (5mm) で取り付けられるものならばよいのですが。たとえば PKM13EPYH4002B0 が適合します。https://www.marutsu.co.jp/user/shohin.php?p=18429 基板への直接取り付けにこだわらなければどのような圧電スピーカでもよいです。
CONN6 DCジャック http://akizukidenshi.com/catalog/g/gC-00077/ とか http://akizukidenshi.com/catalog/g/gC-01604/ とか。基板に刺されば、あとACアダプターに合えば、なんでも使えるはず
R47 CdS http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-00110/ 鈴商でも見かけました
C5 1000uF 6.3V アルミ電解コンデンサ 耐圧は6.3V以上、容量は470uF以上ならば大丈夫です。ぶっちゃけなくてもうごきますが。
C7 22uF 6.3V アルミ電解コンデンサ 耐圧は6.3V以上、容量は22uF〜33uF付近
U4,U5 TD62083AP トランジスタアレイ LEDマトリクスの行駆動用シンク(吸い込み電流用)ドライバ。TD62083AP やその相当品など。http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-01516/ ULN2803AP などもOKのはず
U1,U2 PIC16F887-I/P http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-02241/
U3 11.776MHzオシレータ http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-00988/ もしこれが入手できない場合は、近い周波数のものでもなんとかなります。テストしてないですが、http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-01066/ とか https://www.marutsu.co.jp/user/shohin.php?p=60422 とか。ただし、11.776でない場合はソースコード中の定数の変更が必要になります。正方形タイプのオシレータを取り付ける場合、C7がオシレータとぶつかります。C7を基板裏に配置するなどしてください(極性に注意!)
CONN4 4pin モレックス https://www.marutsu.co.jp/user/shohin.php?p=54822https://www.marutsu.co.jp/user/shohin.php?p=54835https://www.marutsu.co.jp/user/shohin.php?p=59412 など。この手のコネクタはいろいろあるのでさがしてみてください
 5V ACアダプタhttp://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-00238/ など

JDMプログラマ

ページ先頭へ

Q2 P-MOS FET リードタイプの部品の場合は、表から見て四角いランドから順に G D S となるように差し込みます。P チャンネル MOS FET: 2SJで始まる型番などで一般的なものならば問題ないと思います。価格的には http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-02553/http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-02879/ など。チップタイプでもリードタイプでも取り付けられます
Q1,Q3 汎用NPNトランジスタ 2SC1815、2SC945など。http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-02231/ とか http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-02611/ とか http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-00881/ とか
Z3 5.1V ツェナーダイオード 千石などで売っています
Z4 6.2V ツェナーダイオード 千石などで売っています
D26〜29 小信号用スイッチングダイオード 1S1588や1N4148相当品でOK http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-00941/ とか。 http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-03015/ でもいいです
R59 1.5K 炭素皮膜抵抗 1/4〜1/8W
R64 470 炭素皮膜抵抗 1/4〜1/8W
R60 10K 炭素皮膜抵抗 1/4〜1/8W
R62 100 炭素皮膜抵抗 1/4〜1/8W
R63 1K 炭素皮膜抵抗 1/4〜1/8W
R61 10K 炭素皮膜抵抗 1/4〜1/8W
LED2 赤色 3mm LED 赤色にしてください
C21 0.1uF積層セラミックコンデンサ http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-00090/ http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-02211/ ←これでもいいですが足ピッチが違うので基板に入りづらいです
C20,C22 100uF 16V アルミ電解コンデンサ 耐圧に注意してください。
S5 SPDTスイッチ http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-02399/http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-02736/ など。足が2.54mmピッチで三本、基板取り付け用のもの。
CONN8 DSUB9ピン ♀ 基板取り付け用 http://akizukidenshi.com/catalog/g/gC-00645/ 基板取り付け用。

電波受信ユニット

ページ先頭へ

U7 SM9501AV 電波時計受信用IC https://www.marutsu.co.jp/user/shohin.php?p=44442
C10 0.5uF コンデンサ 検波後のRFを除去するためのLPF用コンデンサ。0.47uF積層セラミックコンデンサなど、0.5uF付近のコンデンサならば大抵可。適当にチップコンデンサを組み合わせてもよいです。
U8 40kHz 水晶発振子 http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-00596/
U9 60kHz 水晶発振子 http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-00597/
C15, C13 0.1uF積層セラミックコンデンサ http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-00090/ http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-02211/ ←これでもいいですが足ピッチが違うので基板に入りづらいです
C23 33uF 6.3V アルミ電解コンデンサ 耐圧は6.3V以上、容量は22uF〜33uF付近
C8,C9 2.2uF 6.3V アルミ電解コンデンサ ピーク・ボトムホールドLPF用コンデンサ。
C11,C12,ANT1 本文「マゾ向け電波時計作り方その3 – バーアンテナ」を参照してください。

その他

ページ先頭へ